男前攻め

ドラッグレス・セックス/エンゾウ(ネタバレ・感想)“フェロモン症”が巻き起こすエロスとラブをコミカルに描いたハイテンション・オムニバス

ライラ
ライラ
こんにちは、BL歴25年のライラです
BL沼にハマり、今まで累計5,000冊のBLを読みました!

エンゾウ「ドラッグレス・セックス」のネタバレ込みの感想をご紹介します。

このBLをおすすめできる人

1冊で色々なカップリングのエッチが読みたい人
エッチだけど愛のある描写が好きな人
エロコメディが好きな人
ドラマCD化されたBL人気作品を見たい人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
当記事はネタバレ込みの内容になっているので、ご注意ください!

 

ドラッグレス・セックス『カップリング』

男前ノンケ × ツンデレメガネ
オタク系地味男 × 俺様派手男
俺様博士 × 健気助手
男前ゲイ × ノンケ
ヤンデレ × ヤンデレ

ライラ
ライラ
1冊でたくさんのカップリングを楽しめます!

 

ドラッグレス・セックス『BLジャンル』

ノンケ攻め
男前攻め
執着攻め
オタク攻め
俺様攻め
メガネ受け
俺様受け
健気受け
ヤンデレ
スーツ
サラリーマン
学園
制服
リバ有り
無理やり
ラブコメ
切ない
短編集

ライラ
ライラ
いろんなタイプの攻め・受けが目白押しです

 

ドラッグレス・セックス【あらすじネタバレ】まとめ

“フェロモン症”。
新しい国民病として対策を要されるその病気は、性別を問わず患者自身に好意を持つ者に対して性的興奮を誘発させる作用がある。
処方薬によって症状は概ね抑えられるが、相手の好意の感情が大きいほど症状は強い。

 

桧木(ひのき)もフェロモン症患者の一人だった。
しかし、本来ならフェロモン症を発生しようが特に問題はない。

桧木は、元来人から好かれるような性格ではなかった。

・・・はずだった。

オフィスデリの店員・杉野康一。
杉野は桧木のなにが気に入ったのか、なにかにつけて桧木に構ってくるような鬱陶しい男だった。

 

その日の昼も、桧木は弁当を買いにうろついていた。
杉野に見つからないようにとこそこそとしていた桧木だったが、桧木は杉野から簡単に見つかってしまう。

結局、杉野の店で足早に弁当を購入する桧木。
性的な視線を送りながら弁当を手渡ししてくる杉野に桧木は驚き、あわててトイレに逃げ込んだのだった。

もっと強い薬を貰わないと杉野には効かない、と感じた桧木。
このままではいずれ、彼になにかされてしまう…。

 

その時、トイレに杉野が駆け込んでくる。

「…やっぱ効果出ちゃってるか~」

そう言っておもむろに桧木のズボンをおろす杉野。

 

杉野は桧木のモノを握り、桧木をあっという間にイカせてしまった。

その後、杉野からフェロモン症の内服薬を見せられる桧木。

抑制剤が効かないほどに相手を想っていたのは、杉野ではなく桧木のほうだったのだ。

さらに、フェロモンを利用してヤリまくる男と地味なオタク男の『戌井と辰見』、互いがフェロモン症患者となり薬を研究開発する『無良と薬師寺』のカップリングストーリー、加えて妻に捨てられた男とゲイの隣人とのラブストーリー『駄目な男』、ヤンデレ同士の幼馴染ラブコメ『好きにしたいよ』を収録。

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

ドラッグレス・セックスを読んだ感想

“愛のあるエロ”好きの皆さま~!
ぜひ『ドラッグレス・セックス』をお読みください!

ちょっぴり刺激的なタイトルと表紙で手に取りづらい…そう感じる方は少なくないと思います。
だって「ドラッグ」が「レス」の「セックス」なんですから。

 

でも、この作品のテーマともなっている”フェロモン症”が実によくできているんです。

フェロモン症は、好意がないと症状が現れることはありません。
さらに、好意が大きければ大きいほど症状も大きい、という特徴も。

 

オメガバースのように階級があったり、やたら狙われる人がいたり、そういった不平等さもありません。
ただ好きだから興奮して(させて)しまう、ということなんです。

だから、この作品の中では”好意なし”にエッチなシーンは成立しないんです。

そのため、ただただエッチなだけじゃない、愛のあるエロがたくさん楽しめてしまうんです。

 

さて、『ドラッグレス・セックス』には個性豊かなカップルたちがたくさん登場します。
私のお気に入りは『無良と薬師寺』。

無良と薬師寺は、フェロモン症の抑制剤を開発する研究者たちです。
ざっくり説明すると、薬師寺がフェロモン症を発症してしまい、その後無良も発症…というストーリー。

はじめは研究のために、と性行為をしながら唾液や精液をサンプルとして取っていました。

ところが、2人の矢印が互いに両方を向いた途端、実験として行っていた性行為はただのセックスに。

サンプルが欲しいのに、そんな余裕などない。
ただ好き合っているからセックスがしたい。

実験としての事務的な(?)行為から、愛を確かめる行為に変化する場面がたまらなく滾るんです。

 

なお、本作にはフェロモン症以外の短編も収録されています。
そちらもかなりのインパクトある”愛のあるエロ”がたくさんの物語で、1冊読み終えたあとにはなんだか心地よい疲労感。

しつこいようですが、とにかく”愛のあるエロ”好きのみなさん、絶対におすすめです。

ライラ
ライラ
ぜひ読んでみてくださいね!
このBLをおすすめできる人

1冊で色々なカップリングのエッチが読みたい人
エッチだけど愛のある描写が好きな人
エロコメディが好きな人
ドラマCD化されたBL人気作品を見たい人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

続編の感想は以下の記事から

ドラッグレス・セックス 辰見と戌井/エンゾウ(ネタバレ・感想)「フェロモン症」絶倫一途なオタク男子×元ヤリチンツンデレ流され系不幸の続編! エンゾウ「ドラッグレス・セックス 辰見と戌井」のネタバレ込みの感想をご紹介します。 ...
最新BLランキングをチェック!

BLにおすすめの電子書籍

こちらのBL漫画もいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA