イケメン攻め

花恋つらね 7巻/夏目イサク(ネタバレ・感想)蔦丸の監視が厳しくなり逢瀬ができなくなった源介と惣五郎は?

ライラ
ライラ
こんにちは、BL歴25年のライラです
BL沼にハマり、今まで累計5,000冊のBLを読みました!

夏目イサク「花恋つらね」7巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。

このBLをおすすめできる人
  • 恋に仕事に全力で頑張る男子高校生の姿にトキメキたい人
  • ツンデレ受けが好きな人
  • 歌舞伎・伝統芸能が好きな人
  • 心理描写メインでじっくりゆっくりとカップリングを見守りたい人
  • BL初心者の人
  • 高評価レビューが多い、BL人気作を読みたい人
試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
当記事はネタバレ込みの内容になっているので、ご注意ください!

 

花恋つらね『カップリング』

歌舞伎界の御曹司(立役)
×
歌舞伎界の御曹司(女形)

源介(攻)

高校生
歌舞伎役者
イケメン
男前
黒髪
制服
和服

惣五郎(受)

高校生
歌舞伎役者
美人
ツンデレ
強気
制服
和服

ライラ
ライラ
歌舞伎界の御曹司である2人は、高校生同士のカップリングでもあります!

 

花恋つらね『BLジャンル』

高校生
芸能界
職業もの
コミカル
恋人同士
ライバル
エロ少なめ
BL初心者向け

ライラ
ライラ
男子高校生が一生懸命ひとつのことに打ち込む姿は、必見です!

 

花恋つらね 7巻【あらすじネタバレ】まとめ

6巻の感想は以下の記事から

花恋つらね 6巻/夏目イサク(ネタバレ・感想)ついに結ばれた惣五郎と源介♥周囲は2人の関係に気づき出し!? 夏目イサク「花恋つらね」6巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。 花恋...

 

惣五郎と源介は恋人になり、初体験も済ませ、順風満帆!

高校を卒業してからは2人とも歌舞伎一本の道を歩むことにしたので、公私ともに充実した日々を送っていた。

しかし、惣五郎と源介の関係が蔦丸(源介の兄)と武市(惣五郎の従兄弟)にバレたことで状況は一変!

蔦丸は、すぐさま2人に別れるように言う。

特に源介は宗家であり「寿一郎」の名を継ぐ跡取りとして育てられてきたので、男と恋愛(=子供ができない)をすることは許されない。

歴史や伝統伝承のために、蔦丸が惣五郎と源介の仲を良く思わないことは当然だった。

 

蔦丸や武市に反対されても、惣五郎と源介の絆は揺るがない。

ガードが厳しくなり2人で会うことも難しくなってきたため、源介は惣五郎との密会場所を設けた。

それは、高校からの友人・西田の自宅。

源介は自分の家以外にも居場所が欲しくて、部屋が余っているという西田宅の一室を間借りすることにした。

だから惣五郎との逢瀬の場所にも使えるということで、今度からは西田の家を介して会うことにした。

 

惣五郎と源介は相変わらずラブラブ健在。

宗家長男として生まれた蔦丸の想いや、今まで沈黙を貫いてきた惣五郎の祖父・菊右衛門と寿一郎(源介の祖父)の過去も明らかに!

花も嵐も吹き荒れる!
梨園の御曹司同士の恋絵巻第7弾!!

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

花恋つらね 7巻を読んだ感想

源介は、宗家の跡取り息子。
後継者を作らなければならない立場なので、男と一生添い遂げるということはできません。

一般家庭ならまだしも、歴史ある歌舞伎の世界であり、その血筋が途絶えてしまうことの重みを考えると、お世継ぎは絶対必要であり惣五郎と結ばれることは現実問題を考えると難しいのです。

前巻に引き続き、そんなハラハラした展開が目白押しでした。

 

歴史や伝統を考えると、蔦丸や武市の言っておることはまさに正論。

でも源介と惣五郎は恋人としてお互いのことが大好きだし、役者としての相方・ライバルとしても強い信頼関係で結ばれているし、ちょっとやそっとじゃ引き裂くことはできないんです。

この問題にどう折り合いをつけるのか・・・

7巻でも明確な答えは分かりませんでした。

「蔦丸が跡取りになる」っていうのが一番丸く収まりそうなんですが、蔦丸は女形で、周囲からも立役である源介の方が跡取りとして相応しいとされています。

でもおそらく、この問題のキーパーソンは蔦丸じゃないかと私は予想しているので、今後の動向が気になります。

 

そしてもう一人のキーパーソンは、惣五郎の祖父・菊右衛門。

菊右衛門は、源介の祖父・(故)寿一郎と若かりし頃、恋仲関係でした。

厳密に言えば、恋仲寸前で2人の想いは儚く散ってしまいます。

菊右衛門も寿一郎もお互いに強く惹かれていることを感じ取っていたのですが、やはり家柄のことを考えて両思いになる前に関係を断ちます。

源介と惣五郎は祖父たちと同じ道を辿っているのですが、源介と惣五郎は別れるという選択を取っておりません。

一流の役者になるにはお互いの存在が必要不可欠と、恋愛以上に強い絆で結ばれている様子が伺えます。

 

菊右衛門と寿一郎は別れの道を選んでしまったことで、その後の芝居に影響が出てしまいます。

だから「大ゲンカをしてた」として絶縁した風に見せていたのです。

そんな過去の経験もあって菊右衛門は、源介と惣五郎の関係を黙認しているようなんです。

業界の重鎮でもある菊右衛門の考え方次第で、源介と惣五郎の関係が良い方向にも悪い方向にも変えられると思うので、菊右衛門も注目すべき人物となります。

早く心身ともに安定した源介×惣五郎を見守りたいですね。

どういった結末をたどるか、今後も目が離せません!

 

本作は、大人気BL漫画家・夏目イサク先生が描く、歌舞伎界を舞台にした珍しいBL漫画です。

歌舞伎の知識がなくても、漫画としてしっかりとストーリー構成がされているので、問題なく楽しみながら読むことができます。

特におすすめできるのは、BLをまだ読んだことがない初心者の方です。

絵が綺麗で見やすいことはもちろん、過激なBL描写が一切登場しないので、「BLがまったく初めて!」という人でも、取っ付きやすいと思います。

また、BL部分の要素を取り除いたとしても、歌舞伎と真剣に向き合い成長していく男子高校生の姿は心打たれ、普通に読み物として面白いです。

恋に仕事に奮闘する2人の男子高校生の様子を、心理描写メインでじっくりゆっくりと見守ることができる良作です!

ライラ
ライラ
まだ未読の方は、ぜひ読んでみてください!
このBLをおすすめできる人
  • 恋に仕事に全力で頑張る男子高校生の姿にトキメキたい人
  • ツンデレ受けが好きな人
  • 歌舞伎・伝統芸能が好きな人
  • 心理描写メインでじっくりゆっくりとカップリングを見守りたい人
  • BL初心者の人
  • 高評価レビューが多い、BL人気作を読みたい人
試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

次巻の感想は以下の記事から

花恋つらね 8巻/夏目イサク(ネタバレ・感想)2年後…相変わらずラブラブ健在の源介と惣五郎❤️オンとオフを徹底するようになり!? 夏目イサク「花恋つらね」8巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。 花恋...
最新BLランキングをチェック!

BLにおすすめの電子書籍

こちらのBL漫画もいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA