美人・美少年受け

ひとつしかないもの/佐々木みお・櫻井ナナコ(ネタバレ・感想)不憫で健気な受けが成長していく心打たれるストーリー

ライラ
ライラ
こんにちは、BL歴25年のライラです
BL沼にハマり、今まで累計5,000冊のBLを読みました!

原作・佐々木みお/漫画・櫻井ナナコ「ひとつしかないもの」のネタバレ込みの感想をご紹介します。

このBLをおすすめできる人

不憫で健気な受けに心打たれたい人
受けが成長していく姿に感銘を受けたい人
切なくも甘い作品が大好きな人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
当記事はネタバレ込みの内容になっているので、ご注意ください!

 

【広告】

\話題のBLゲームアプリ/
>>『NU: カーニバル』インストールはこちら 

ひとつしかないもの『カップリング』

サラリーマン × 大学生

ライラ
ライラ
安定の年上攻めカップリングです!

 

ひとつしかないもの『BLジャンル』

サラリーマン
大学生
ゲイ
男前攻め
穏やか攻め
健気受け
不憫受け
美人受け
ビッチ受け
切ない
あまあま
ほのぼの
シリアス

ライラ
ライラ
作品全体のトーンはシリアスなんですが、ほのぼの暖かい雰囲気もあります!

 

ひとつしかないもの【あらすじネタバレ】まとめ

大学生の晴陽は、自分とは性格が正反対の双子・楓月にコンプレックスを抱いていた。

楓月は小さい頃から手がかかるタイプで、晴陽も含め家族全員が楓月の世話係だった。

さらに楓月は、とても愛嬌があるのでいつもグループの中心にいる人気者。
逆に晴陽は、おとなしい性格なのでいつも楓月と比べられることが嫌で仕方なかった。

 

そんなある日、大学でゲイの街・二丁目の話を耳にした晴陽は、興味本位で二丁目に行き、声をかけてきた見知らぬ男と身体を重ねてしまう。

晴陽の初体験は案外あっさりと終わった。
良い体験というよりは、「なにかが損なわれた」感じがするのだった。

見知らぬ男と寝た後、晴陽は男に名前を聞かれ「カヅキ」と答えた。
その名前を名乗ることで楓月を貶めていることに、晴陽は満足感を得るのだった。

 

その後も晴陽はカヅキを名乗り、二丁目に通い、お金と引き換えに見知らぬ男たちと体を重ねた。

ある日晴陽は、とあるバーでサラリーマンの橘と出会う。

橘はとてもさわやかな好青年といった雰囲気なのだが、

「君、楽しくてここに来てる?」
「楽しくないのにどうして来てるの?」

と、ズケズケと晴陽の本音部分を突いてくるので、晴陽は言葉に詰まる。

さらに橘は晴陽におかしなことを言った。

「俺と友達になろうよ」

 

 

橘は文字通り、本当に晴陽とは友達として接した。

他愛もないメールのやり取りをしたり、居酒屋に飲みに行ったり、買い物をしたり・・・下心をとくに感じなかった。

晴陽も正直、拍子抜けだった。

次第に晴陽は、橘の隣にいることに居心地の良さを感じるのだが!?

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

ひとつしかないものを読んだ感想

自己評価がとても低い受け・晴陽が、見ていてとても切なかったです><。

晴陽は、幼いころから双子の弟である楓月にコンプレックスを抱いています。

楓月といつも比べられることが嫌になり、自暴自棄になり、二丁目で体を売るようになってしまいます。

そんなことしても悪循環なのに・・・
案の定晴陽は、どんどん心の闇に落ちていきます。

 

そんな時、晴陽が出会ったのはサラリーマンの橘。
橘は爽やかな好青年で、晴陽と友達になることを提案します。

晴陽は友達として橘と接しているうちに、だんだんと晴陽に心を絆されていき、橘の側に居心地の良さを感じます。

そして晴陽は、橘と出会い接していくうちに気づくのです。
自分が今まで後先考えずにウリをやっていた恐ろしさ、自分が本当は愛され必要とされていた人間だったことを・・・。

 

晴陽がドSな男に乱暴にやられてしまうシーンなど、所々で痛々しいシーンもあるのですが、そのたびに橘が晴陽をそばで支え、優しく包み込みます。

橘は本当に優しすぎます><。
優しくて穏やかで、ナイススパダリすぎます><。

晴陽は、本当に橘に出会えて良かったと、読んでいるこちらも心が救われました

 

さらに橘は、晴陽がウリを辞めてひと段落したのちに、本気で晴陽を口説きにかかるのですが、それはもうギャップがやばすぎて、晴陽も見ている私もドキドキしっぱなし!!

保護欲スイッチから雄スイッチに切り替わった時の橘ときたら、それはもう大人の色気ムンムンで男らしくて、橘が晴陽を口説くシーンやデートシーンは私は何度も読みなおしました(笑)。

 

また、本作は原作があるストーリーなので、構成もしっかりとしているし、ストーリーを組み立てる言葉選びがとても秀逸で、まるで小説を読んでいるかのようにスーッと物語の世界観に入り込むことができました。

 

自己評価の低い受けが攻めと出会い成長していくストーリーが好きな人、心に響く作品を読みたい人、安定感がありきれいにまとまった作品を読みたい人には、間違いなくハマる作品です。

まだ未読の方は、ぜひ読んでみてください!

ライラ
ライラ
電子書籍だと試し読みができるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!
このBLをおすすめできる人

不憫で健気な受けに心打たれたい人
受けが成長していく姿に感銘を受けたい人
切なくも甘い作品が大好きな人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
最新BLランキングをチェック!

BLにおすすめの電子書籍

こちらのBL漫画もいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA