年下攻め

獣欲に恋して/くれの又秋(ネタバレ・感想)厳つくて無愛想な攻めと硬派で天然な受けのコンビが素晴らしい!

ライラ
ライラ
こんにちは、BL歴25年のライラです
BL沼にハマり、今まで累計5,000冊のBLを読みました!

くれの又秋「獣欲に恋して」のネタバレ込みの感想をご紹介します。

このBLをおすすめできる人

男子高校生同士のBLが読みたい人
年下攻めが好きな人
ギャップ萌えしたい人
ほのぼのして安心して読める作品が好きな人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
当記事はネタバレ込みの内容になっているので、ご注意ください!

 

【広告】

\話題のBLゲームアプリ/
>>『NU: カーニバル』インストールはこちら 

獣欲に恋して『カップリング』

高校生(3年・弓道部副主将) × 高校生(1年・無愛想で喧嘩上等)

ライラ
ライラ
年下攻めのカップリングです

 

獣欲に恋して『BLジャンル』

高校生
学園
制服
年下攻め
寡黙攻め
執着攻め
一途攻め
ほだされ受け
天然受け
硬派受け
不器用
ラブコメ
片思い
ギャップ萌え
攻め目線

ライラ
ライラ
無愛想で無表情な攻めの姿がシュールで笑えます!

 

獣欲に恋して【あらすじネタバレ】まとめ

強面無口で喧嘩上等の高校生・浅野十蔵が恋をした。
お相手は、同じ高校に通う弓道部の副主将ある橘兼久。

以前、十蔵の喧嘩の仲裁に兼久が入ってくれたことがきっかけで、それ以来十蔵は兼久のことが好きになった。

そして、十蔵が入学した高校で再会・・・。

十蔵はなにかにつけて兼久に付きまとうようになった。

一方の兼久も、強面で人を寄せ付けない十蔵にも関わらず、一緒にいることに居心地の良さを感じていた。

 

十蔵は無表情で感情が顔に出にくい。
だから兼久に「好き」「付き合って」と言っても、恋愛の意味での好きには取られず、流されてしまう。

(兼久が少し天然なことも考えられるが・・・)

だから十蔵はいまだに自分の想いを伝えずにいる。
くすぶった兼久への感情は「妄想」という形になり、十蔵は兼久のエロいシーンを想像しながら自慰にふけるのだった。

 

そんな兼久も、徐々に十蔵に対して特別な感情を抱くようになる。
決定的だったのは、十蔵が校内で隠れてタバコを吸っている時だった。

「タバコとお酒は20歳になってから」と、十蔵が口に加えていたタバコを手でつかんだのだが、不意のことだったので手のひらを火傷しそうになった。

その時、十蔵は兼久の手を掴み舐めた。

なんだかイヤらしい舐め方に恥ずかしくなった兼久は、すぐにその場から逃げた。

十蔵を思い出すと胸が高鳴る・・・
そして兼久は、十蔵の笑顔をその時初めて見たのだった。

 

そのほかにも、長年の幼馴染への恋心が切なくも甘いラブストーリー『ひしかくし』も同時収録。

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

獣欲に恋してを読んだ感想

無愛想な強面高校生が、少し天然が入った硬派で素朴な先輩のことを好きになっていくストーリーです。

攻め・十蔵の顔は強面なんですが、作品全体がほのぼのとした空気に包まれており、激しい描写もなく最後まで安心して読むことができます。

ライラ
ライラ
もう完全に2人の世界ですw

 

物語序盤では、十蔵の想いはなかなか兼久に伝わりません。
十蔵の想いがから回っているシーンは、読んでいて痛快でとても面白かったですよ。

また、十蔵の妄想の中の兼久はめちゃくちゃエロいんですが、普段の兼久は硬派で素朴な風貌をしているので「エロ」なんて言葉とは遠く離れた存在です。

だから尚更、十蔵の妄想の中とはいえ、普段の兼久とのギャップに萌えまくってしまいました

 

想いがなかなか兼久に伝わらなくても、十蔵は焦ることなくマイペースにどっしり構えています。

そんな十蔵と兼久のやり取りが面白くて、私は序盤から心を掴まれてしまいました。

 

話が終盤になっていくにつれて、どんどん兼久の気持ちも紐解かれていきます。

天然が入っている兼久なので、十蔵に対して抱いている気持ちが「恋心」ということに気づくのも遅いです。

それはそれでとても兼久らしくて、じれったくもほのぼのした空気感に癒されました。

BL業界には過激でエロい作品も多いですが、今作のようにゆっくりじっくりマイペースに恋を育んでいく「くすぐったい」ような恋愛模様もいいな〜と、しみじみ感じました。

 

また、同時収録作品である『ひしかくし』も必見です!

幼馴染に恋をしてしまった青年の話が描かれているのですが、めちゃくちゃ切なかったです。

でも後半はめちゃくちゃ甘いんですよ!

 

結論から言えば、実は両片思い同士だった攻めと受けなんですが、お互いの気持ちを伝えるまでの展開がもう最高に良かったです!

特に攻めの男前な言動に萌えまくってしまいました

私たち読者のツボを心得ているというか、作者・くれの又秋先生の描くキャラクターの心理描写が素晴らしくて、すぐに感情移入してしまい、気づけばあっという間に読了していました。

表題作ももちろんですが、同時収録作品『ひしかくし』もとても暖かい作品に仕上がっているので、合わせて楽しんでくださいね

ライラ
ライラ
まだ未読の方は、ぜひ読んでみてください!
このBLをおすすめできる人

男子高校生同士のBLが読みたい人
年下攻めが好きな人
ギャップ萌えしたい人
ほのぼのして安心して読める作品が好きな人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
最新BLランキングをチェック!

BLにおすすめの電子書籍

こちらのBL漫画もいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA