年下攻め

この毒が廻る頃には/左藤さなゆき(ネタバレ・感想)兄弟BL!じっとりねっとりした愛の毒に、ゆっくり侵されて!?

ライラ
ライラ
こんにちは、BL歴25年のライラです
BL沼にハマり、今まで累計5,000冊のBLを読みました!

左藤さなゆき「この毒が廻る頃には」のネタバレ込みの感想をご紹介します。

このBLをおすすめできる人
  • 溺愛&執着ものBLが好きな人
  • シリアスなトーンの話が読みたい人
  • 弟×兄のカップリングが大好物な人
  • あまあまなBLに萌えたい人
試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
当記事はネタバレ込みの内容になっているので、ご注意ください!

 

この毒が廻る頃には『カップリング』

高校生(弟)
×
サラリーマン(兄)

浬(攻)

高校生
寡黙
執着
ヤンデレ
イケメン

千歳(受)

サラリーマン
美人
ほだされ
スーツ

ライラ
ライラ
義理兄弟のカップリングです!

 

この毒が廻る頃には『BLジャンル』

シリアス
溺愛
執着
あまあま
病み(ライト)
共依存(ライト)
同居
兄弟

ライラ
ライラ
少しだけ病み・共依存を感じる作品でした!

 

この毒が廻る頃には【あらすじネタバレ】まとめ

千歳と浬は義理の兄弟で、互いに極度のブラコン。

千歳が社会人・浬が高校生になっても、一緒のベッドで寝るほど。
寝起きの千歳に浬はスキンシップのキスを欠かさない。

現在2人の両親は海外出張のため、一緒に住んでいない。

千歳と浬の2人暮らしで、家事も分担していた。

 

千歳は会社へ、浬は学校に行くために家を出るのだが、2人は自然の流れで手を繋ぐ。

途中で近所の幼なじみの兄妹に出会うのだが、幼なじみにとっては千歳と浬のブラコンっぷりは見慣れた光景だった。

 

浬は千歳の前ではいつも幸せそうにニコニコと笑っている。
朗らかで優しい空気を纏っているが、千歳がいなくなるとそんな空気を一切纏わなくなる。

顔がかっこいいので高校ではいろんな女子から告白をされるのだが、いつも塩対応。

告白さえもまともに応じなかった。

浬にとって女子からの告白なんてどうでもよくて、早く帰宅して千歳と会いたかった。

 

千歳は会社の飲み会に参加していた。

酔った千歳は、会社の先輩に支えられて立っていたのだが、迎えにきた浬は千歳と先輩を引き離す。

「兄がお世話になりました。失礼します。」

と牽制するかのような冷たい表情で言い、浬は酔った千歳を連れて帰路につくのだった。

 

浬が千歳に抱く感情は「兄弟愛」ではなかった。

「ちぃは俺のものだよ」といい、浬は酔っ払ってベッドで眠りこけている千歳の服を優しく脱がす・・・。

浬は続けて愛撫をするのだが、意識が朦朧としている千歳はされるがままで・・・!?

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

この毒が廻る頃にはを読んだ感想

浬の千歳に対する執着心がものすごかったです!

タイトル通り、毒が回るかのようにじっくりゆっくりと千歳が浬に絆されていく姿に萌えさせてもらいました❤️

浬は千歳以外のものに興味がないので(笑)、あまあまテイストの中にも仄暗い病みを感じます。

浬は千歳と千歳以外の人物に対する温度差がものすごくて、どっちが本心なの?と、ちょっと怖くなりました(笑)。

本来は冷たい人間だけど、千歳だから特別で猫を被っているのか!?

とも取れたのですが、浬は嘘がつけない正直な体質なので、千歳に対する執着と周囲に関する無関心さの熱量の差は本当なんでしょうね(笑)。

現実に浬みたいな人がいたら、いくらイケメンでも100%関わり合いたくないタイプですが、二次元でBLで愛でる分には、たくさんの萌えを補充できましたw❤️

 

浬の愛を一身に受け止める千歳。

千歳も千歳でかなりのブラコンです。

だって普通は、思春期真っ只中の高校生の弟と、一緒の布団に寝たり、手を繋いだり、スキンシップ過多になったりしませんよね?

もう360°どこから見ても、2人は蜜月期の恋人同士にしか見えないんですよ!www

でも千歳は、浬をあくまでも弟としてしか見ていません。

いつまでも懐いてくる浬のことが可愛くて仕方なくて、昔の流れでつい甘やかしちゃうんですね。

 

しかしある日を境に、浬が千歳へ性的なスキンシップをするようになるのですが、そのタイミングで浬が千歳のことを恋愛的な意味で好きということを知ります。

実際のところ「好き」とかそんなピュアで爽やかな感情ではありません(笑)。

「愛」・・・しかも「かなりドロドロとして重たい愛」を、浬は千歳に抱いているのです。

 

息苦しささえも感じるようなじっとりねっとりとした愛の毒に、ゆっくり確実に侵されていく千歳。

浬と千歳以外にも登場人物はたくさんいたにも関わらず、完全に2人の世界で物語が展開しているので、少しだけ共依存チックにも感じました。

 

あまあまテイストの病みBLを読みたい人、執着質な年下攻めが好きな人、兄弟ものBLが好きな人には間違いなく刺さる作品です!

ライラ
ライラ
電子書籍では試し読みもできるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!
このBLをおすすめできる人
  • 溺愛&執着ものBLが好きな人
  • シリアスなトーンの話が読みたい人
  • 弟×兄のカップリングが大好物な人
  • あまあまなBLに萌えたい人
試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
最新BLランキングをチェック!

BLにおすすめの電子書籍

こちらのBL漫画もいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA