男前攻め

Punch↑ 7巻/鹿乃しうこ(ネタバレ・感想)渋沢×壬生完結編!2人はどんな結末を辿るのか!?

ライラ
ライラ
こんにちは、BL歴25年のライラです
BL沼にハマり、今まで累計5,000冊のBLを読みました!

鹿乃しうこ「Punch↑」7巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。

このBLをおすすめできる人
  • ガテン系BLが大好きな人
  • いい体つきの男たちを見て目の保養をしたい人
  • 心理描写重視の作品を読みたい人
  • 大人のアダルトな恋愛模様を楽しみたい人
  • ドラマCD化されたBL人気作品を見たい人
試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
当記事はネタバレ込みの内容になっているので、ご注意ください!

 

Punch↑『カップリング』

建築家 × ガテン(型枠大工)

ライラ
ライラ
安定の年上攻め!
年の差カップルでもあります!

 

Punch↑『BLジャンル』

男前攻め
ヘタレ攻め
メガネ攻め
健気受け
強気受け
ガテン受け
ツンデレ受け
ゲイ
ラブコメ
あまあま
すれ違い
コミカル
年の差
同居
恋人同士

ライラ
ライラ
大人気『P.B.B』のスピンオフ作品です!

 

Punch↑ 7巻【あらすじネタバレ】まとめ

6巻の感想は以下の記事から

Punch↑ 6巻/鹿乃しうこ(ネタバレ・感想)サイコパス渋沢に振り回される牧×浩太は? 鹿乃しうこ「Punch↑」6巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。 P...

壬生に関係を迫られた牧。

牧は昔壬生のことが好きで当時体の関係を結んだことがあるが、今は恋人の浩太がいる。

なので「あの頃は違う」と丁重に誘いを断る。

壬生も、浩太のことを考えると悪いことをしたと謝った。

 

壬生が辞めてから、渋沢の事務所は上手く回らなくなった。
壬生で持っていた部分もあり、壬生に続いてベテラン社員も何人か辞めていった。

その噂は業界にも広がっていて、壬生の耳にも牧の耳にもすぐに入ってきた。

 

一方の壬生は、以前からお誘いを受けていた白石の事務所で働くことになった。

渋沢事務所で働いていたエリートというだけあって、白石事務所のスタッフは沸いた。

渋沢事務所とは違い、白石事務所はスタッフみんなが和気藹々としていて、壬生はさっそく居心地の良さを感じた。

 

浩太は仕事帰り、牧の事務所の前で渋沢が佇んでいるのを見かけて声をかける。

渋沢は牧から出禁をされているので事務所に入ることはできない。
(おまけに浩太とのおしゃべりも禁止されている。)

そんな渋沢の様子を見た浩太は「飯でも食っていけば?」と渋沢を自宅に案内した。

 

残り物のカレーを食べながら2人は会話する。

自分の感情が欠落しているせいで周囲を振り回していることに、壬生も気づいていた。

「努力のやり様はある」という浩太の言葉にだんだんと壬生もほだされていく。

するとそこに、牧が帰宅してきて!?

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

Punch↑ 7巻を読んだ感想

サイコパス渋沢×壬生カップル完結編。

正直、このシーズンは渋沢がぶっ飛びすぎていたので、読むのに少し疲れるのですが(苦笑)、健気すぎる壬生が幸せになる姿を見送りたいし、やっぱり牧×浩太の安定カップルを見て癒されたいので、もちろん今作も購入しました。

 

壬生に愛想を尽かされてしまった渋沢。
渋沢の事務所は壬生がいたことで成り立っていた部分もあったので、壬生が退社したことにより古株も続々と辞めていきます。

7巻は、渋沢がめちゃくちゃ不憫でした(苦笑)。

完璧な男が崩れ落ちる姿ってかっこ悪くてあまり見たくないのですが、そもそも壬生の気持ちを知っていながらも長い間性接待をさせていた渋沢が悪い。

渋沢は他人への感情が欠落している所謂「サイコパス」みたいな“病気”とされているのですが、「仕方ない」で片付けて良い問題なのでしょうか・・・><!

考えた方の違い以前に脳みその構造が違うと言われてしまえばそうなのかもしれませんが、読み手としては複雑。

だから直接的な被害者でもある壬生や牧は尚更、渋沢の処遇にモヤモヤするんでしょうね。

ライラ
ライラ
今回迷える大人たちを一番年下の浩太が諭すシーンがあるのですが、必見ですよ!

 

渋沢の元を離れた壬生は、兼ねてからお誘いを受けていた白石の元で働くことにします。

白石は壬生のことが好きなので、白石に対して優しくて紳士です(少しヘタレな部分もありますがw)。

このまま白石×壬生で丸く収まれば壬生も幸せになれると思うのですが・・・

壬生は最終的に渋沢の元に帰ります。
(※仕事は白石の会社のままですが、恋人としては渋沢を選びます。)

 

壬生の下した決断に、

やっぱり恋って理屈じゃないんだなぁ〜と、深く考えさせられました。

理屈や一般論だけではなく、そこにはリアルな自分の感情が乗っかります。

どう見ても白石の方が良いし、もしくはもっと別の魅力的な男を見つければ良いのに、壬生は渋沢に戻っちゃうのですから。

なんやかんやで、壬生は渋沢のことを放っておけないし、長い間ずっと側で支えてきて情が移っているんでしょうね。

(もちろんそれ以外にも、渋沢の魅力はあると思いますが、私にはイマイチ分かりませんw)

とりあえずは元サヤに戻ったことで、牧×浩太もこれ以上は振り回されずにすみそうです。

 

渋沢×壬生編は完結したということで、次巻以降牧×浩太にどんな困難が降りかかってくるのでしょうか。

個人的に忍ちゃんを久々に見たいです❤️

ライラ
ライラ
電子書籍では試し読みもできるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!
このBLをおすすめできる人
  • ガテン系BLが大好きな人
  • いい体つきの男たちを見て目の保養をしたい人
  • 心理描写重視の作品を読みたい人
  • 大人のアダルトな恋愛模様を楽しみたい人
  • ドラマCD化されたBL人気作品を見たい人
試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
最新BLランキングをチェック!

BLにおすすめの電子書籍

こちらのBL漫画もいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA