BL初心者向け

あちらこちらぼくら 2巻/たなと(ネタバレ・感想)BLじゃないけどBL漫画なんです!男子高校生の日常系BLの最高峰

ライラ
ライラ
こんにちは、BL歴25年のライラです
BL沼にハマり、今まで累計5,000冊のBLを読みました!

たなと「あちらこちらぼくら」2巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。

このBLをおすすめできる人

エロなしほのぼの系BLを読みたい人
一般誌の「BLっぽい」作品が読みたい人
男子高校生の日常を覗き見したい人
凸凹な組み合わせが好きな人
小物など細部までこだわった作品が読みたい人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
当記事はネタバレ込みの内容になっているので、ご注意ください!

 

あちらこちらぼくら『カップリング』

派手なヤンキー × 地味なボウズ

ライラ
ライラ
BLっぽいけどBL作品ではないので、現時点では攻め・受けは存在しません。
私の妄想でカップリングしてみましたm(_ _)m

 

あちらこちらぼくら『BLジャンル』

学園
高校生
制服
ヤンキー攻め
平凡受け
ほのぼの
エロなし
攻め・受け不明
BL初心者向け

ライラ
ライラ
エロは一切なし・恋愛感情もない漫画なので、BLに興味がない人でも楽しむことができます!

 

あちらこちらぼくら 2巻【あらすじネタバレ】まとめ

1巻の感想は以下の記事から

あちらこちらぼくら 1巻/たなと(ネタバレ・感想)BLじゃないけどBL漫画なんです!男子高校生の日常系BLの最高峰 たなと「あちらこちらぼくら」1巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。 ...

 

高校2年でクラスメイトになった真嶋(まじま)と園木(そのき)。
ひょんなことから「友達」になった2人は、少しずつ友情を深めていた。

 

季節は修学旅行シーズン。
園木は真嶋に誘われ、最終日のホテル泊を同室で過ごすことに。

ホテル泊の夜、真嶋は「ふたりっきりのときじゃないとできないハナシ」をしようと園木に持ち掛ける。
俺はまだなにも園木に話せていない、とつぶやく真嶋。

そんな真嶋の態度を気にする園木だったが、真嶋はすぐに寝てしまうのだった。

 

その後、時は流れて模試シーズン。
真嶋は、志望校の判定が散々だったことを気にしていた。
さらに、追い打ちをかけるように友人たちの「将来の夢」を聞いてショックを受ける。
真嶋は園木に「勉強を教えてくれ」と頼むのだった。

 

休日。
真嶋は園木宅で勉強をする予定…だったのだが、園木の部屋を物色。
本、CD、フィギュア、趣味のもので溢れかえる園木の部屋で、真嶋の勉強はまったく進まず。

そんな真嶋に園木もあきれるが、真嶋は「楽しかった」とひと言。
園木は少しだけ照れたような表情を見せた。

 

時はまた少し進み、バレンタインの季節。
真嶋と同じ中学出身の女の子・京子は、園木と同じ天文部。
京子は気を利かせ、真嶋と園木にチョコレートを渡す。

「園木くんさあ、真嶋と私 付き合ってるように見えたことある?」

2人がまったくそんな風には見えなかった園木は驚き動揺するが、結局2人は付き合っていないと言う。
2人は中学の時に「付き合っている」と噂になってしまったことがあるようだった。

「付き合っていない」の言葉に思わず安心する園木。

なぜ安心するのだろうと動揺する園木だったが、きっと「隠しごとをされてなくてほっとした」のだろうと思い込み、むりやり納得するのだった。

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

あちらこちらぼくら 2巻を読んだ感想

BLマンガを読んでいると、どうしようもなく誰かに萌えを語りたくなる瞬間があります。

『あちらこちらぼくら』でもそんなシーンは数多く存在するのですが、なんとこの作品は、読みながらその感情を昇華できてしまう稀有な物語です。

園木・真嶋のクラスメイトや友人たちは皆いい子ばかりなのですが、特に女の子たちが魅力的。
中でも園木と同じ天文部に所属するランちゃんという女の子は、まるで読者のように真嶋と園木を見守ってくれています。

しかし、真嶋と園木を見る瞳はなぜかハートマーク。
彼女の趣味が作中で明示されることはありませんが、ちょうど読者が「あーッ!このシーン!たまんない!」というところでこっそりと2人のやりとりを盗み聞きしていることが多いのです。

ライラ
ライラ
きっと、ランちゃんは読者みんなと友達なのでしょう!!

 

さて、ランちゃんと萌え語りをしたい気持ちは置いといて、2巻でもっとも注目すべきセリフが真嶋のこの一言。

「なんか俺もうつまんねえんだよな お前がいないと。」

もちろん、真嶋はまだまだ「友人として」のつもりで発した一言であり、園木も「友人として」その言葉を受け止めているでしょう。

それでも、まったく接点のなかった2人が少しずつ仲良くなって、ほんのり「BLっぽい」セリフを発するシーンはものすごい衝撃です。

 

「お前でいいや」ではなく、「お前がいないと」。
まだ恋愛ではない、恋愛ではない…と頭ではわかっていても、真嶋と園木の間に芽生えたほんの少しの絆に悶絶してしまいます。

 

ちょっぴり前進した2人ですが、これから季節は大学入試。
最終巻の3巻では、一体2人はどうなってしまうのでしょうか…?

ライラ
ライラ
BL好きでなくても楽しめてしまう『あちらこちらぼくら』、ぜひ読んでみてくださいね!
このBLをおすすめできる人

エロなしほのぼの系BLを読みたい人
一般誌の「BLっぽい」作品が読みたい人
男子高校生の日常を覗き見したい人
凸凹な組み合わせが好きな人
小物など細部までこだわった作品が読みたい人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

3巻の感想は以下の記事から

あちらこちらぼくら 3巻/たなと(ネタバレ・感想)BLじゃないけどBL漫画なんです!男子高校生の日常系BLの最高峰 たなと「あちらこちらぼくら」3巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。 ...
最新BLランキングをチェック!

BLにおすすめの電子書籍

こちらのBL漫画もいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA