イケメン攻め

花恋つらね 9巻/夏目イサク(ネタバレ・感想)弁天小僧の役作りに苦戦する惣五郎!頼ったのは意外な人物で!?

ライラ
ライラ
こんにちは、BL歴25年のライラです
BL沼にハマり、今まで累計5,000冊のBLを読みました!

夏目イサク「花恋つらね」9巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。

このBLをおすすめできる人
  • 恋に仕事に全力で頑張る男子高校生の姿にトキメキたい人
  • ツンデレ受けが好きな人
  • 歌舞伎・伝統芸能が好きな人
  • 心理描写メインでじっくりゆっくりとカップリングを見守りたい人
  • BL初心者の人
  • 高評価レビューが多い、BL人気作を読みたい人
試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
当記事はネタバレ込みの内容になっているので、ご注意ください!

 

花恋つらね『カップリング』

歌舞伎界の御曹司(立役)
×
歌舞伎界の御曹司(女形)

源介(攻)

高校生
歌舞伎役者
イケメン
男前
黒髪
制服
和服

惣五郎(受)

高校生
歌舞伎役者
美人
ツンデレ
強気
制服
和服

ライラ
ライラ
歌舞伎界の御曹司である2人は、高校生同士のカップリングでもあります!

 

花恋つらね『BLジャンル』

芸能界
職業もの
コミカル
恋人同士
ライバル
エロ少なめ
BL初心者向け

ライラ
ライラ
男子高校生が一生懸命ひとつのことに打ち込む姿は、必見です!

 

花恋つらね 9巻【あらすじネタバレ】まとめ

前巻の感想は以下の記事から

花恋つらね 8巻/夏目イサク(ネタバレ・感想)2年後…相変わらずラブラブ健在の源介と惣五郎❤️オンとオフを徹底するようになり!? 夏目イサク「花恋つらね」8巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。 花恋...

 

弁天小僧菊之助の大役を任された惣五郎。

役柄を掴めず、稽古では菊右衛門(祖父)からは「三文芝居」とダメ出しの嵐!

本番まであと5日なのに、惣五郎は焦っていた。

 

その日の夜、惣五郎は源介に電話。

弁天小僧の役が掴めない現状を相談した。(源介もなかなか役柄が掴めなかった苦い経験がある)

そこで惣五郎は、源介の兄・蔦丸が以前に弁天小僧を演じていたということを知る。

思い立った惣五郎は、蔦丸に相談に乗ってもらうことに!

 

翌日、さっそく惣五郎は源介の実家へ赴き蔦丸に相談を持ちかけた。

蔦丸は正直、びっくりした。

源介と惣五郎の関係を黙認しているとはいえ、2人の関係を良くは思っていない…

だから蔦丸は、惣五郎の方から頼ってくるとは思わなかったのだ。

 

源介との未来のためにも、今与えられた役を完璧にこなすことが大事だと惣五郎は蔦丸に伝えた。

惣五郎の熱意と真剣さに感化された蔦丸は、弁天小僧のアドバイスをするのだが!?

 

梨園の御曹司同士の恋絵巻、引き継がれる想いと絆の第9巻!!

 

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

花恋つらね 9巻を読んだ感想

秘密の恋を続ける歌舞伎界のプリンス・源介と惣五郎。

決して周りに言えない関係で、なんだったら源介は家元を継ぐ使命があるため跡取りを作ることが必須!

惣五郎との熱愛には、未来がないんですよね。

まぁ、源介と惣五郎を見ていると「男同士」とか「家柄」で恋愛を諦める、と悲観的になってる感じはしないのですが(苦笑)。

源介と惣五郎がどんな道を歩むのか…が本作の最大の読みどころであり、まだまだ茨の道ですが私は2人の未来が明るいことを願っています><!

 

源介と惣五郎の関係はもちろん世間に公にできません。

若きプリンスたちは人気物で、週刊誌のかっこうのネタに…

2人は源介の一人暮らし宅で隠れて逢瀬を繰り返しているのですが、待ち合わせをしているところをパパラッチされちゃうんです!!!

「仲の良い友達として」というネタだったのですが、源介と惣五郎の関係を知っている面々は内心ヒヤヒヤ(笑)。

私もびっくりしました><!

本当は恋人…ということは週刊誌にもバレてはいないものの、源介も惣五郎も歌舞伎役者そして芸能人としての知名度が出てきたからこそ、世間も2人の動向に注目するようになるんですね。

 

そんなこんなで、2人の関係はまだまだ波乱だらけ!!

当の本人たちはラブラブカップルなんですがね❤️

きっといつかは2人の関係は世間バレするんだろうな…
でもその頃の源介と惣五郎は、歌舞伎界で確固たる地位と信頼を築いているんだろうな〜と思います。

 

そして9巻では源介と惣五郎が歌舞伎の世界でメキメキと力をつけていく様子も同時に描かれています。

私は歌舞伎全般にそこまで詳しくないのですが、本作は解説付きで描かれているので「難しい…」と思っていた歌舞伎の世界に親近感を湧くようになりました。

惣五郎は、弁天小僧という大役を任されることに。

この弁天小僧というのは、男が女のふりをして騙す…という(←歌舞伎ファンの方すみません、めちゃくちゃかいつまんで説明しています)というストーリーなんですが、まさに惣五郎にぴったりな役柄なんです。

しかーし!

歌舞伎の世界は奥が深い!プリンスであり祖父・菊右衛門の英才教育を受けてきたからといっても、惣五郎はまだまだ青二才。

まったく弁天小僧の役柄のイメージが掴めないまま、本番まで1週間を切ります。

(じーちゃんからもダメ出しの嵐www)

 

そこで頼りにしたのが、源介の兄・蔦丸。

蔦丸は女型の先輩であり、過去に弁天小僧を演じた経験があります。

また蔦丸は、源介と惣五郎の関係を知っている数少ない人物です。
2人の関係を基本的にはよく思ってないので、まさか惣五郎から頼られるなんて思ってもおらず!?

蔦丸兄ちゃん、なんやかんや面倒見が良くていいやつなんです❤️

 

蔦丸、そして源介の協力を経て何か掴んだ様子の惣五郎は、弁天小僧の役を自分なりに解釈して本番に臨むのですが!?

惣五郎が弁天小僧に憑依するような演技は必見ですよ❤️

 

そして、人気プリンス源介と惣五郎は2人で「忠臣蔵」を演じることに。

役柄同士でガッツリ絡むことができるため浮き足立つ2人なんですが、現実はなかなか厳しく今度は源介が役柄に思い悩みます(苦笑)。

役者として成長していく源介と惣五郎。

共演により、舞台で2人の息がピタッとあう瞬間も垣間見れて、目頭が熱くなるものを感じました。

恋人以前に源介と惣五郎は、信頼しあう役者仲間なんだなぁ〜と><。

次巻は忠臣蔵本番が見れるかな?

菊右衛門じーちゃんも、源介と惣五郎の役者としての伸びしろを感じたようで、2人がこれからどんな成長をするのか、俄然楽しみになってきました!

 

本作は、大人気BL漫画家・夏目イサク先生が描く、歌舞伎界を舞台にした珍しいBL漫画です。

歌舞伎の知識がなくても、漫画としてしっかりとストーリー構成がされているので、問題なく楽しみながら読むことができます。

特におすすめできるのは、BLをまだ読んだことがない初心者の方です。

絵が綺麗で見やすいことはもちろん、過激なBL描写が一切登場しないので、「BLがまったく初めて!」という人でも、取っ付きやすいと思います。

また、BL部分の要素を取り除いたとしても、歌舞伎と真剣に向き合い成長していく男たちの姿は心打たれ、普通に読み物として面白いです。

恋に仕事に奮闘する主人公2人の姿を、心理描写メインでじっくりゆっくりと見守ることができる名作です!

 

ライラ
ライラ
まだ未読の方は、ぜひ読んでみてください!
このBLをおすすめできる人
  • 恋に仕事に全力で頑張る男子高校生の姿にトキメキたい人
  • ツンデレ受けが好きな人
  • 歌舞伎・伝統芸能が好きな人
  • 心理描写メインでじっくりゆっくりとカップリングを見守りたい人
  • BL初心者の人
  • 高評価レビューが多い、BL人気作を読みたい人
試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
最新BLランキングをチェック!

BLにおすすめの電子書籍

こちらのBL漫画もいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA