年下攻め

スニーキーレッド 1巻/たなと(ネタバレ・感想)ドS攻め×ドM受け!泣き顔フェチにもたまらない一冊です!

ライラ
ライラ
こんにちは、BL歴25年のライラです
BL沼にハマり、今まで累計5,000冊のBLを読みました!

たなと「スニーキーレッド」1巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。

このBLをおすすめできる人

愛のあるSMプレイが好きな人
受けの泣き顔をたくさん見たい人
個性豊かな脇役が出てくる物語が好きな人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり
当記事はネタバレ込みの内容になっているので、ご注意ください!

 

【広告】

\話題のBLゲームアプリ/
>>『NU: カーニバル』インストールはこちら 

スニーキーレッド『カップリング』

ドS大学生 × 年上ドMフリーター

ライラ
ライラ
ドS攻め、ドM受けという関係が好きな人は必見!

 

スニーキーレッド『BLジャンル』

年下攻め
ドS攻め
強気攻め
ヤンキー攻め
ドM受け
シリアス
痛い
あまあま
エロ多め

ライラ
ライラ
暴力描写が多いので、苦手な方は閲覧にご注意ください!

 

スニーキーレッド 1巻【あらすじネタバレ】まとめ

最初は、ただのケンカのつもりだった。

数か月前、近所のやつからくだらない因縁をつけられたことがきっかけだった。
主人公・三崎よりも年下のその男は、下手に応戦したら会うたびに殴りかかってくるようになった。

メンツがかかっているわけでもないし、プライドが傷つくなんて歳でもない。
本当は、避けることなどたやすいはずなのに。

「俺、おかしいんだ…」

ある日、男が三崎の首根っこをつかんだ時に、はっきりと見えた三崎のその表情。
三崎は、男に殴られて興奮していたのだった。

 

それから、男は三崎の自宅に押しかけては三崎と関係を持つようになった。
いつも冷めたような目つきをしているその男を、三崎は拒むことができなかった。

快感は、以前よりもはっきりと強くなっていた。

その男は名前を釧路と言った。
釧路はその粗暴な見た目や目つきのせいか、大学では煙たがられていた。
その日も偶然、自分の陰口を耳にしてしまった釧路。

行き場のない怒りを鎮めるために、釧路は三崎に電話をかける。
三崎は驚いて電話に出たが、一言二言話しただけで、釧路はすぐに電話を切ってしまった。

その日、釧路は三崎を優しく抱き、はじめてのキスをした。

「もう来ねえわ」

それから1か月、釧路は三崎の前に姿を現さなければ連絡もよこさなかった。

 

釧路はわけもわからず落ち込み、「失恋でもしたのか」と友人に問い詰められていた。
三崎は三崎で、モヤモヤとしながらも平穏な毎日を送っていた。

しかし、ある日偶然2人は街中で再会する。

その日、釧路は三崎の家を訪れた。
「腹減ってんだよな」

釧路は、三崎が作ったカレーを食べてすぐに帰ってしまった。
それから釧路は三崎のもとをたびたび訪れ、テレビを見たり、大学の課題を進めたり。
釧路は、まるで恋人同士のように接してくるようになっていた…。

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

 

スニーキーレッド 1巻を読んだ感想

「いわゆるBL」っぽくない個性的な絵柄と鮮やかな表紙が特徴の『スニーキーレッド』。

帯には”ボコり愛”ということばが使われています。
でも、なるべくこのことばに騙されないでほしいんです。

もちろん”ボコり”シーンはたくさんありますが、初めから終わりまで暴力が続くような作品ではありません。

 

さらに、もしかしたら、SMプレイが好きな人は「ちょっと違う…」と感じるかもしれない一方で、SMプレイが苦手な人は「おもしろかった!」と感じるかもしれない…そう思わせてくれる作品でした。

安易に「SMプレイばかりのBL」「暴力でつながる関係」などと片付けられないのがこの物語です。

 

2人が出会い、仲を深めるきっかけとなった行為が「暴力」であったことは間違いありません。
釧路と三崎が「ただのSMを楽しむ(?)関係」だった時間は確実に存在しています。

でも、その時の関係に愛はありませんでした。

 

しかし、釧路の三崎に対する気持ちには少しずつ変化が現れます。
ここからの釧路の変化は、この物語の大きな見どころであり萌えどころ。

誰彼かまわず殴っていた釧路が「この人のことは殴りたくない」と感じ、三崎の自宅を訪れてもテレビを見たり、食事をしたり、「普通」に過ごすだけ。

 

彼ら2人のスニーキー(=こそこそする、卑劣)な部分が少しずつフィットしたのでしょうか。
2人は、次第に暴力とは異なるところで離れがたいと感じ合う存在になっていきます。

このあたりがとても人間らしく、歪なのにあたたかい物語だなと感じてしまいました。

 

結局2人は番外編でお付き合いをすることになるのですが、その「お付き合い」の始まり方がなんともキュート!

本編ではあまり描かれなかった、糖度高めのストーリーが収録されています。

なお、『スニーキーレッド』はたなと先生のデビュー作であるにもかかわらず、スピンオフ作品も出るなどの大人気ぶり。

個性豊かな脇役(のちの主役)たちにもご注目です!

ライラ
ライラ
ぜひ読んでみてくださいね!
このBLをおすすめできる人

愛のあるSMプレイが好きな人
受けの泣き顔をたくさん見たい人
個性豊かな脇役が出てくる物語が好きな人

試し読みはこちらから
  • eBookJapan◀︎70%割引クーポン×6回分を配布
  • Amazon◀︎Kindle版・紙版/購入選べる
  • シーモア◀︎新規会員登録で70%OFF
  • Renta!◀︎腐女子利用率No.1!BLレンタルあり

次巻の感想は以下の記事から

スニーキーレッド 2巻/たなと(ネタバレ・感想)ドS攻め×ドM受け!泣き顔フェチにもたまらない一冊です! たなと「スニーキーレッド」2巻のネタバレ込みの感想をご紹介します。 ス...
最新BLランキングをチェック!

BLにおすすめの電子書籍

こちらのBL漫画もいかがですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA